スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五少年漂流記(9/06/2008)

秋なので読書しています。
先日本屋さんに行くと、なんだか懐かしいタイトルが平積みされていました。

「十五少年漂流記」

小学校以来読んだ事無かったなぁ。

どうもジョびです。

どんな物語かはわかっているけど、細かくは忘れてしまったので買ってきました。
子供の頃は、単純にわくわくしながら読んでいましたが 今読んでみると、さすが1888年に書かれた作品だけあって興味深い部分がありました。

例えば15人のうち一人黒人の少年モーコーは明らかに奴隷的な扱いを受けています。

また無人島内での大統領を選挙で決めます。

拳銃やライフルなどを普通に所持して、尚且つ上手に扱うことができます。

特に奴隷的な部分ですが、この時代のヨーロッパは当たり前に奴隷がいました。

というか、世界史の中で奴隷がいないのは現代に入ってからです。

ちなみに日本には昔、奴隷的な人はいましたが「奴隷」ではありません。
(他の人種を人間扱いしないと言う意味で。)

このような背景から、モーコーも普通に自分の立場をわきまえた行動をします。
でも 他の少年たちは嫌味なくモーコーと協力し合います。

ただ、選挙権が無く、勉強もしなく、他の少年たちの世話を仕事としているだけのことのようです。

差別意識とかじゃなく、純粋にそのような環境で育ってきたので不思議と思わないみたいな感じです。

というわけで色々書きたいこともあるけれど、めんどいのでいきなりシメ。

この物語を読んで努力、勤勉、協力、友情、秩序など

このエゴイストが多い世の中、上記の忘れていた大切なことを思い出させてくれました。

オトナになればなるほど、苦しいことや重い過去を背負っていきます。

そのことが重荷になり、うまく人と付き合えなくなっていく時もありますよね・・。

そんな時には彼らの純粋な心が、自分にもあるんだと再認識して乗り切って行こうと思います。




やっぱジュブナイルは大好きだーーーっ!



ああ、そういえばCF。
今週は超忙しくて全然クラン戦していません・・・。

CFLがあるのにーっ ま、しゃーない。 とりあえず、がんばっていこーっ!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

@ジョび

Author:@ジョび
どうも。ジョびです。
基本的にナイーブです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
pictlayer
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。