FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代レーベル

昨日は21時に就寝しました。

遊園地で遊ぶって、こんなに疲れたっけ?
でも、楽しかったです。
いつもは「子供を遊ばせる。」って感じだけど遊園地は一緒に遊ぶ!って感じ。

ところで先週、公式大会のトーナメントがありました。
ボクは丁度その時に来客予定がありまして、出場する予定じゃなかったのですが、ちょっと人数が足りなくてお客さんがいるところでプレイするというハズカシイ感じを楽しんだ次第であります。
ありがとうございました!

その時のお客さんは音楽を作ったりする人(電子音楽系?)なので「音楽で食べていけるのか?」というテーマでお話していました。ちなみにボクはそういうお友達は多いのに、音楽業界についてウトい方です。

結論は「非常に難しい」らしいです。

へぇ~そうなんだ。
ボクは今ってとても売りやすい時代だと思うんだけどなぁ・・

例えば今の時代、自分でレーベルやることができます。
すると粗利が7割を超えるんじゃないでしょうか。
だとすると、食べるまでには数千枚は売らないとダメだけど万枚売らないと食えないメジャーよりは可能性は高いです。

それにダウンロード販売。
1曲でも売れるし、とても可能性があると思うんだけど。

なんというか、音楽を買ってもらうことについての敷居はとても低くなったと思います。

だけど現実はなかなか厳しいみたい。
ジャンルや好みが細分化された今の世の中で単純に「良い音楽」が売れるわけではないみたい。

確かに。ぶっちゃけ良い音楽ってわかんない。好きな音楽はあるけどさ。
音楽を作っている人に聞くと、シンセで作り上げた音でつくった音楽と音データを組み合わせた音楽があるらしく、やっぱりシンセで作り上げた音の方が面白くて好きだ。と言っていました。

そういうのを「良い音楽」っていうのかな。

でも、そういう風に説明されると聴くときにそのあたりを考えて聴くようになるし、ただ組み合わせただけの音楽だと言われれば、なんとなくそれにお金を出す気も弱くなる気がします。

この「説明」がどこまでできるか。って部分が難しく、多くの人に「買ってみたい」と思わせることができれば、低コストで売ることができて粗利も大きいので儲かるみたいです。

ほほう・・・とても基本的な感じになってきたわけか。戦国時代っぽいな。

自分で製作したものを宣伝から販売まで全てひとりで手軽にできる反面、その実力を問われる。
オールマイティにできる人なら良いけれど、やっぱりアーティストは商売的なセンスと相反するものがあるから苦手。
反対に売ることはとても得意だけど、音楽はつくれない人。
このマッチングができるなら、良いアーティストが世の中にたくさん出ていけると思います。

そういうことになれば、ボクたち一般消費者もとても良い音楽を聴くことができてハッピー。

ま、普通に今までにあった構造なんですけどね。
構造は同じでも「説明」の仕方が変わった感じですね。特に日本は遅れてる感じがする。

「今風で売る」ということができるレーベルがたくさんできると良いですね。



あ、つくるか。
とりあえず投資してくれ。
もしくは投資できるような会社を作ってくれ。

若き才能を持ったアーティストのために!
日本の音楽業界のために!



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

@ジョび

Author:@ジョび
どうも。ジョびです。
基本的にナイーブです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
pictlayer
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。