スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京でベコ飼うだ。

突然、秋から冬になる勢いですね。
どうも、やっぱマグロがスキです。ジョびです。

大好きな味覚の秋を楽しむ時期ですね。マグロが秋の味覚かどうかは知りませんが。

ところで、最近お仕事頑張ってます。
ま、年齢的にも頑張らねばならない年頃なんですが。でも疲れます。
それに将来が超不安です。
特に、ボクの住んでいる地域は田舎でして不景気からの回復などあり得ない状況です。
だって、人口は減り、高齢化が進み、生活コストは高く、不便で厳しい環境ですから。

もともと、地方は経済の効率が悪いのです。
中央に集まって商売する方がコストが少なくて効率的なのは、高度成長期に東京の人口集中のような結果を見てもわかります。
そうして、儲けた税金を地方へ分配して田舎は生き延びてきたわけです。
特に北海道は、開発費というスゲー予算があって公共事業天国だったようです。黄金時代って感じです。
今は、その公共事業が激減してしまい流通するお金が随分減った感じです。

うちのお客を見ていても、お金を持っている人は年金もらってる年寄りと公務員と漁師くらいです。
サラリーマンはまだいい方です。
失業中とか、パート・アルバイトとかの人も多いのですが、彼らは本当にお金を持っていません。
携帯電話は持ってるし、タバコやパチンコはするのにね・・。

北海道の人口はあと20年程で100万人くらい減るとか言われています。
お金を生む働いている世代の比率も下がるみたいです。
GDP?そんな感じの数値も減るでしょう。

ということは、ボクの今の生活レベルを維持するだけの仕事があるのかどうかという心配。
ぶっちゃけ、心配とかのレベルじゃなく間違いなくマジやばいぜー。ってレベル。

都会は都会で、日本でモノを作って売るというのはもう商売にならないから、アジアの成長できそうな国へ移動して生き延びるしかないみたい。

北海道は観光誘致で売上伸ばしているけれど、最近の漁船衝突の関係で客が激減しているってテレビでやってた。
要は客として、信用できるのか?って所だけど、色々な部分で商売相手として中国ってのはスゲーめんどくさいらしい。

大変だねぇ

で、それをどうにかしないとお先真っ暗なわけだよ。若者諸君。

就職難だし、失業率も高いし、色々な面ですでにお先真っ暗度はわかっちゃいるけれど、どうにもならない。って感じだと思う。

今の日本経済を良くするにはどうしたら良いかってのは、偉い学者さんたちが色々考えているけど。
ボクが好きな解決方法は規制緩和かな。
要は流動性を良くする。って感じ。
例えば、就職して時間が経てば給料が自動的に上がる仕組みとか終わってる。
若者と年長者との流動性は無いよね。

色々な産業とかあるけれど、資格だとか法律が邪魔で新規参入できない。
今ある企業を守るためにね。
ソフトバンクが頑張ってるけれど、携帯電話の世界はモロ終わってる。

色んなところで、日本は今あるシステムをどうやって守るかを考えているわけ。
それでも良かった時代は確かにあったけれど、今は違うのは昨今の状況を見ればわかるよね。

祖父の時代は、かなりテキトーだったみたい。
実際、かなり職を転々としていたみたい。

タクシー会社の主張所→コインランドリー店→自動車修理→配達屋→絨毯洗浄屋→etc

覚えているのでこのくらいの職業をやっていました。
タクシー会社以外すべて起業(個人事業主)です。

儲かりそうだと思ったらすぐに実行する行動力が尊敬できます。

その感覚は、ボクらの世代には培われなかった部分です。
うちは違ったけれど、多くの人の父親は一流大学を目指し、良い企業に就職し、年功序列で給料が上がり、家を持ち、40年くらいを勤め上げて年金をもらう。ってのが正しいとされる世に生きていたから。

だから一生懸命に勉強してせめて大学は卒業しないと就職できないよ?
と言われ続けるわけです。「就職しないとダメ」という価値観がちょっと前の価値観だったのです。

今は、一流大学を出ても就職できず、良い企業なんか無く、年功序列は崩壊し、家のローンは組めず、年金はもらえない感じ。さらに、モテず、コミュニケーションが苦手で、携帯電話とネットが心の支え。みたいな・・

上記の価値観では終わってる感じです。

でも、価値観を変えれば別に普通。
別にどうってことない。
流動性の高い社会だったらね。

「東京でベコ飼うだ。」

この価値観を持つ人間がこれからの時代を担っていくと思います。
ボクも何かしらこういうテキトーな感じで生き抜いていってやるぜぇーと考えてみてはいるけれど、やっぱ行動に移すのは大変だよね。



そんなわけで、ボクはParaceを抜けさせていただきました。
クラン戦も沢山経験できたし、大会もちょっと出たし、色々楽しかったけれど
これから更にテンションを上げてクラン活動をやっていく自信も無かったので、申し訳ないけれどやめさせていただいた次第であります。

お世話になったメンバーには心から感謝します。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

ケミカル・ウォッシュ☆

え?ケミカルウォッシュジーンズしらないの?

今日、何十年ぶりかでそれをはいたオジさんを見ました。
どうも、久々に書きます。超働いていましたジョびです。

8月から仕事の方で新規に立ち上げた事業がありまして、それを色々と試行錯誤でやっていました。
おかげで今月入ってから体調を崩し、ゲームもあまり楽しめなくなっていました。
今はちょっと体調も回復し、仕事の方も落ち着いてきたのでこうして書いてみている感じです。

まぁ、凄く頑張ってる的な感じで書いていますが一般的な価値観からすると大したこと無いかもしれません。
ボクの正体はダメ人間なので、疲れることやキライなこと、面倒くさいことや知らない人と喋ること。などが超苦手です。

てか人間嫌いです。人間コワい。知らない人怖い。

頑張って正体を隠し、普通の人間の素振りを醸し出して社会に溶け込んでいるのです。
多分、誰もがそういう正体を隠し、普通ぶってるんだと思います。

あれだ。ミギーだ。
いや、プレイヤーか?デビルサイダーなの?
もしかしたら、星人なのかもしれない。

そうやって社会に溶け込みながら、何か恐ろしい計画とかを画策していて
世紀末覇者になって、救世主が出てきてヒデブ!とか言う時代になっていくんだと思う。

ま、ボク的には今住んでいるところがペンギン村になればいいなぁと思うけど。

どうも。現実を見失うところまで疲れているジョびです。2回目ですが。


ところで、その現実ですが本当に星人がいないのかは誰にもわからないんですよね。
例えば、最近流行ってるゲゲゲのなんとかでも妖怪はいるのか、いないのか。ってな話があったような無かったような。
以前に書いたかもしれないけれど、宇宙の話でも今この宇宙は神みたいな存在が創ったものでその箱庭の中で僕ら人間が蠢いているということも可能性としてあるわけで、それを観測できるかってーとできるわけが無く、世界の全てを説明できることは不可能だってこと。

あと量子物理学?とかもそんな話あったと思う。
不確定性原理だっけ。観測するまで、その状態がどうなってるのかわからん。ってやつ。
簡単に説明しているのが「シュレーディンガーの猫」だっけ。
箱の中の猫は観測するまで、生きているか死んでいるかわからない。というかその2つの状態が重なっている状態である。ってやつ。

京極夏彦の「姑獲鳥の夏」って小説。これも同じ感じ。妖怪つながりだしね。
おもしろいのでオススメ。

てなわけで、なんだっけ。
ああ、星人ね。
だから、みんな星人なのかも知れない。
そんなわけのわからないことを考えつつ、カゼを治すために早寝早起きをしている今日この頃です。


あ、ちなみにボクはゴッドサイダーです。
プロフィール

@ジョび

Author:@ジョび
どうも。ジョびです。
基本的にナイーブです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
pictlayer
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。