スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステディカムが欲しい

昨日は飲み会で、1時頃に帰ってきました。
その後トラビアーんとか色々やって、仕上げのビールを飲んだら酔いすぎた。
どうもビール→日本酒→ビール→酔どれジョびです。

今日は朝6時頃に起床してニセコへ一人で滑りに行こうと予定してたはずなのに、起きたのは8時でした。
もちろんニセコへ行く気も萎えたので近くの小さなスキー場へ行きました。

父親が面白いガジェットを買ってきたのを思い出したので、テストでもしようと思ったのです。
そのガジェットってのがコレ↓
ちっちゃいカメラ
なんだか、黒の上に黒いモノが乗っているので分かりにくい感じですが、小型カメラです。
小さいのでバイクのヘルメットにつけて撮影しようということで買ったらしいです。

とりあえず、具合が悪くて朝ごはんや何故か飲み物までも口にしないで出発しました。
スノーボードでボクはヘルメットを被らない派なので、このカメラの取り付け位置に悩みました。
カメラにはクリップがついているのですが、ゴーグルには付ける場所がない・・。
ニット帽子につけてもすぐに落ちる可能性大。
まぁ、テストだし今日はとりあえずウェアの首元にクリップでつけました。

で、滑ってみたのがコレ↓

なんかコーデックが変で、再エンコードしたからちょっと落ちてるけど、それを加味しても画質やフレームレートが悪すぎるかも。

まぁ、この程度ならカメラ持って滑って撮れるのでこんなカメラ要らないかも知れません。
でも本気でパウダーとか滑るときは両手が自由の方がバランスが取りやすい。
特にバイク乗るには両手は必須だし。

それと取り付け位置の首元は、横乗りなので常に右側に向いていますね・・。
けっこう体を開いて前に向いていたつもりですが、どうしても思ったような映像は撮れなかった。

やっぱゴーグルにつけるか。
あとは振動だなぁ・・

これはステディカムを自作するフラグですか?

スポンサーサイト

カルチャーポイントが足りなんだよ

今年の冬はなんだか荒れ模様の日が多い気がします。
昨日の夜も凄い吹雪でした。

先日、息子にスノーボード道具一式を与えまして早速スパルタ教育してきました。
そのうちスノーボードのムービーとか撮りたいなぁ。
どうも。ワクシング道具を買ったのに袋から開けてません。ジョびです。

ところで、トラビアーン。
去年の11月からFPS仲間とともに始めたのですが、数ヶ月の間に色々と情勢が変化していきました。
そんな中、ボクたちはなんとか今のところ勝ち組に残っています。
とりあえず、ボクたち弱小同盟が現段階の勝ち組に残るまでのお話をまとめてみたいと思います。

1.創世の時代

FPS仲間10数名が同時刻にアカウント登録して、同盟を立ち上げました。
仲良く農耕していたそんなある日、ある同盟から仲間になるか滅亡するか選べという話が来ました。
ボクらはどうしようもないので、そこへwingという形で協定しました。
そしてまた、仲良く農耕(一部の好戦種族を除いて)が続きました。

2.大同盟の勢力争い時代

各同盟がその規模を拡大し鯖または方角に置いて、アドバンテージを得るために多くの同盟員を集めた時期です。
そのおかげで、3つの同盟「B同盟」「G同盟」「S同盟」が同盟員数を拡大し3大同盟として君臨しました。
ボクたちが所属する「S同盟」もその1つでした。
それぞれの大同盟は、今後の戦争を控え外交戦を繰り広げます。
スパイが発覚しただとか、規約違反をしただとか、そのような事件を巧みに使って相手同盟員の忠誠心を崩そうだとかウワサを流して今後有望な同盟は私たちだと思わせたりするなど、多くの情報が飛び交った時代です。
このような時期、3つの大同盟のうち2つの同盟が協定して残りの1つをけん制する動きになりました。

この時期に、協定先のB同盟の要求によってボクたちは同盟の名前を変えなければなりませんでした。
S同盟へ吸収されたというカタチを取ったのです。
大きな同盟へ所属することで、攻撃は受けず(同盟バリア)ボクたちは確実に力を貯めていった時代です。

世の中の情勢は、カタパが飛び交う前なので大きな戦争はまだ無く、どのような軍事力を保有しているのか不明の時代でしたので情報だけで戦っていた状態です。

3.3大同盟時代の崩壊

ある程度の時間が過ぎ、各プレイヤーも大農場や中農場を確保してその保有数などで3大同盟の潜在軍事力が予想され始めました。
また、小さな同盟でも多くの開拓をして所有村数を増やし潜在軍事力が高いところも出てきました。
そろそろ戦争が始まるだろうという時、S同盟の実質的な盟主がクリア(ゲームをやめる)するという事件が起きました。
ボクたちは重要な選択をしなければならなくなりました。

盟主というカリスマを失った大同盟に居残るか、違う同盟へ移籍するか。
まぁ、クリアした盟主とのパイプだけでくっ付いていたボクたちだったので、移籍は濃厚でした。

そしてボクは外交で、他の大同盟であるG同盟の幹部とメールのやり取りなどをしてパイプを作っていました。
だからG同盟へ移籍する選択肢は確保したのです。
しかし本命は、小規模だけれど強力なカリスマがいる少数精鋭のA同盟へ移籍したかったのです。

とりあえず、A同盟へ打診したところ我らが「らくあっと大先生」がすでに連絡を取り合っていました。
少数精鋭で加入条件が厳しいのに、かなりスムーズに移籍が内定したのです。
さすが大先生。

S同盟とG同盟の戦争勃発が間近だったので、すぐに移籍しました。

その瞬間、3大同盟は崩壊したと思っています。
ボクたちの移籍とほぼ同時期に、かなりの数の同盟員がS同盟から移籍していきました。
盟主を失い、同盟員を1割以上失った大同盟は、友好関係だったB同盟へ吸収されたのです。

4.方角統一戦争の時代

新しく所属したA同盟には、他の大同盟から移籍してきた人も合わせて単体で鯖No1の勢力を持ちました。
各大同盟も無視できない存在になったのです。
さらには移籍組からの情報提供もあり、外交での立ち回りも上手くいったのだと思います。
ボクたちはもう幹部ではなく一般同盟員なので、上層部の外交の話はあまり届いてきません。
そのあたりがちょっと残念です。

結果的に、とても良い同盟へ移籍した形になりました。
A同盟はS同盟とは比べ物にならないくらいに、IN率が高く有力な人が集まっていました。
また、農耕ばかりしていたS同盟員にくらべ軍事力をしっかり保有していたのです。

そんなある日、戦争が始まりました。
A同盟がF同盟へ宣戦布告し、F同盟が大同盟であるB同盟へ吸収されたのです。
これを機にもう一つの大同盟であるG同盟と連合を組んでB同盟へ宣戦布告。

年末を前に、大規模な戦争に突入したのです。
しかし、相手から大きな攻撃はあまり無くこちらの攻撃ログだけが淡々と上書きされていきました。
どうやら大同盟は肥大しすぎて指揮系統が機能せず、軍事力も保有していない農耕同盟員が大多数だったというオチでした。
主力部隊を攻撃されて、攻撃力を失ったB同盟は降参しました。

今ココ。

トラビアーンはまだまだ長いゲームです。


記憶を頼りに書いたけど、あってるかな・・


あけました。

今日は新年会で飲みすぎてFPSやったらゼロキルだったからブログ書くことにしました・・。

どうも。そんな状態でもAN使うと当たるのは変だと想うジョびです。


ところで、最近CLX!ベントでは政治の話があったような気がしないでも無いです。
民主党がダメだとか鳩がダメだとか。
ボクはあまり政治関係の情報には疎いのですが、昨今の周りの状況を見るとダメなんだろうなと思います。

ちなみにボクは別にどこの政党が良いとかはあまりないです。
強いて言えば、自民党も民主党も嫌いです。

日本は、高度成長期で世界でも有数の経済大国になりました。
その頃、日本の労働者や一般庶民の生活はテレビ、洗濯機、冷蔵庫が高級品で車は夢の乗り物だったと思います。
しかし、経済成長のおかげで上記すべての家電は一般家庭にほぼ浸透して現在ではテレビは一人1台、冷蔵庫は省エネ。車は2台以上が常識の世の中になってしまっています。

働くひとはどうなったのか。
昔は、独身寮に入居して朝昼晩の食事は会社が面倒を見てくれて、給料は遊びに全部使っちゃう・・。
そんな生活をしていたひとが多かったと聞いています。
安月給でも、衣食住は保証されていたので満足していたみたいです。
ま、そのうち給料は上がるし生活レベルも上がっていった時代ですからね。

現在の日本は、そんな労働者なんていません。
月給30万円以下では生活できない生活レベルをもった失業者。
携帯、PC、衣食住、プライベート、ハラスメント、その他もろもろに敏感な若年労働者。
年収400万以上じゃないと生活できない結婚できない的な世の中で、企業が世界で戦えるわけがありません。
隣の中国は、最近月数万円で幸せに働いているのですから・・。

日本の政治が、細かい税の問題や首相の政治資金の問題でいろいろ騒いでいる前に、経済政策をしっかりしないとダメだと思います。
これは、現在の日本の仕組みを抜本的に見直す形を取らなければならないでしょうね・・。
結局は日本は自動車などの輸出製品で稼いでいるのです。
そのおかげで、税金が集まってゼネコンだとかに分配されさらには地方自治体へ分配されていくのです。
地方はその分配があるから需要が発生して、その需要への供給で小さな経済が成り立っています。

今は内需が大切だとか言っているのを耳にしますが、需要の内容って衣食住、通信、福祉、自動車くらいなものだと思います。
それに関連した細かい産業があるとは思いますが、大まかに言ってそんな感じだと思います。
それに公共事業として、建設、土木、治水関連がある感じでしょう。

これらの産業を育てるにはどうしたら良いのか。
そこが大事です。

経済学者は、労働市場の活性化をよく言っていますが、実際それをやるとなると大変です。
普通に健康保険や厚生年金をカットして、労働者自信が自分自身のリスクマネジメントを考えないとダメなんですから。
そんなひと、日本にどれだけいんの?みたいな感じですね。

ボクは労働者よりも経営者側の立場なので、そうなるととても嬉しいんですがね・・・

例えば、住み込みで月給7万円3食付き。
厚生年金無し、健康保険無し。
この条件で働いてくれる人が大勢いたら、かなり成長できると思います。
日本のどの企業もスゴい利益をたたき出すと思います。

尚且つ、そんな人の中に才能がある人がいてイノベーションなんかが起こったら日本は立ち直ること間違いありません。
グローバル化、デジタル化。
この辺も視野に入れて、そういうことが起きることが無い限り日本は世代間の所得格差を乗り越えられずにボクらの世代から搾取して、生きながらえて最終的に死亡する国になるんだろうなぁと思います。

今の民主党政権は、労働者的な政党なので今の日本の持っているチカラを十分に使って高価な労動者を手厚く保護する政策にすることは間違いありません。
それは一刻の幸せを生みますが、長期の幸せは生まれません。
必ず衰退する時期が来ることをわかって、今の時期からインフレ対策をする人が賢いのかも知れませんね。

やっぱドルっすか?
ユーロすか?
金の延べ棒っすかね。

ま、うちは農家が親戚にいるので飢えることは無いと思います。
北海道は食材王国!!

東京の人たちが心配です・・・。
プロフィール

@ジョび

Author:@ジョび
どうも。ジョびです。
基本的にナイーブです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
pictlayer
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。