スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらしべ長者

今日はアナログシンセおたくのおうちに遊びに行きました。

synthe
ちなみに、この写真はほんの一部。
エウレカセブンに出てくる名前のシンセがずらりです。

そんで、お茶とお菓子を買って行ったらColibriのタンクをもらいました。

colibri.jpg

らっきー!

そして、エウレカは神だとか、島編はやっぱダメだとかエレクトラさんはセクシーだとかお話して帰ってきました。
スポンサーサイト

ダメだこりゃ

そろそろ選挙が近いということで、なんだかメディアが賑わってきていますね。

らくさんもメディアと政治家とおばさんに呆れているようです。


ということで、ボクも色々考えているよ的なアピール。



うーん。とりあえず、日本経済の終わりが近づいてきていますね。
これといって難しい根拠を説明できるほど頭よくないので説明しませんが、皆さんも何か根拠のないヤバさを感じていませんか?
だから、なんとなくそれを文章にしてみて色々考えたいと思います。

例えば就職について。
どう考えても就職し難い世の中ですよね。転職もし難いですよね。
見かけませんか?社内で仕事もしないで上司のご機嫌をとっているだけで給料バカみたいにもらってる人を。
企業にとって彼らはお荷物です。すぐクビにすべきです。でもできないんです。
彼らの勢力が強くて、クビされないように防御壁を作り上げているのです。
例えば法律も防御壁です。
正社員は法律でなかなか解雇できないようになっています。
まずは非正社員から解雇しないとダメってなっているようです。

それと同時に年金システムも絡んできます。
年金があるおかげで、昔の労働者は退職後の糧はそれだけしか考えていません。
ということは、会社をやめたりするリスクが高いことになります。
できるだけ一つの会社で上手い事やって、しがみついて年金をもらうことが最良の選択なわけです。

高度成長の時代、このシステムは生きていました。
よって今の日本があるのはまぎれもない事実です。

しかし時代は変わり、そのシステムは企業の体力を削る一方になりました。

今、企業が必要なのは利益です。
少ない売り上げで大きな利益を得ることが求められています。
だってモノが売れないのですから・・。

となると、どうするかっていうと人件費を削減するか雇用保障を少なくする方法しか効果のある策はありません。
すると昔から頑張ってきた人たちが路頭に迷う可能性がありますね。(勢力が強い年代です。)
だから、企業は踏み切れない。法律も邪魔している。

ニッチモサッチモいかない状況です。

会社が潰れるまで、この状況を打破することはできないでしょうね。

で、政府はそんなに会社が潰れては困るので色々と延命策を考えます。
年金システムも壊したら大変なので、国民が安心できる幻想を与えます。

で?なんかイイことあるの?

あります。現在勢力がつおい年代が安心して暮らすことができます。
その代わり、ボクらの世代は搾取されます。
正社員になれないので、非正社員でなんとか食っていきます。
会社が傾き、正社員をクビにできないので非正社員をクビにします。
ボクらの世代は今までも、そしてこれからもその勢力の強い世代(団塊世代)を助けるために生きるのです。


で、今の政治の話。
自民も民主も、勢力の強い世代の言いなりになるのは民主主義ですから当たり前です。
今は選挙が近いので、適当なバラマキでそれを乗り切ろうとしています。
バラマキは経済を一時的に活性化させることができるとは思いますが、すぐにリバウンドが来てダメになってしまうでしょうね。
それで10年とか20年とか日本は長生きできるかもしれませんが。

でもバラマク金が無くなったら終わりです。

バラマキもそれによって金が生まれ、回収できる見込みがないとダメよね。
そういう投資であれば賛成なのですが。


というわけで、漠然と自分が思っていることをブログにしてみることでちょっと頭の中を整理しました。


皆さんも同じような世代だと思うので、色々考えて立派な有権者になろうぜ!

ボクは日本がヤバくなったらオーストラリアかニュージーランドに移住します。



ところでCFの話。

最近クラン戦をあまりやっていません。
なんだか全体的にテンションが下がっています。
まず、公式大会がダメダメ過ぎ。

Jovian in mud

この頃スパムコメントが来るようになりました。
だから禁止ワードとか、恥ずかしい思いをしながら設定しました。

すると、お友達もコメントできないようです。

・・・どんだけイヤラシイ言葉使ってるんですか!
仕方ないので、イヤラシイ言葉ばかり使いたいAさんのために禁止ワードを白紙にしました。



というわけで、無事に生還を果たしたジョびです。

今日は前回の記事の通り、エンデューロの大会でした。

コンディションは最悪でした。
先日から雨が降り、当日も行ったらザァー・・・・と雨が。

しかもこのコースは粘土質で、雨が降るとグチャグチャの田んぼ状態となってしまうことで有名なところ・・。

オフィシャルも危険度が高いということで、1週数kmのコースを短縮してモトクロスコースだけに限定して行うとのことでした。


ちなみにこんな感じ。

もうね、最悪。
この写真だと平地に見えるけど、けっこうな勾配の坂です。

まぁ、とりあえずビビりながらもやるしかないので出走しました。
スタートはまだコースが荒れていない状態を走りたい父親。
1週した後にボクに交代しました。(2人で1台のバイクでエントリー)

うはw超滑るwwww

うわ・・前のバイクが跳ねた泥が顔面直撃する・・・orz

3周もしないうちに、上の写真の坂の途中に10台くらいの選手がスタックしていました。
バイクが悪いのと、タイヤが悪いのと、腕が悪いひとはこの坂を登れません。

最初は50台くらい走っていたのに、いつのまにかコース上で出会うのは数台になり・・・

とうとうレッドフラッグが振られました。

あまりにもこの坂でスタックする選手が多すぎて、レースはオフィシャル判断で中止になりました。
3時間耐久が1時間に短縮。

よかったです。

1時間でボクの全身はすでに燃え尽きていましたから・・・。

結果はクラス2位、総合13位でした。(多分50台中)
怪我したくないので、他の人に気を使いながらゆっくり安全に走ったのに思ったより良い結果でした。
しかも父親(58歳)とのチームなのにね。GJ父親。

多分、たけめさんとチームを組めば最下位か優勝したと思います。


このような大会にでるのは、10年ぶりくらいなので体が衰えていることを実感しながらも、とても楽しかったです。
たまに家から出るのもイイよね。






jovian_crm.jpg
最後にボクの華麗なライディングのファン1号と2号の熱い祝福。



燃料が入って無いバイクはタダの鉄くずじゃ。

来週、エンデューロ3時間耐久レースに出ることになりました。
ボクの住んでいる北海道は、国内でもエンデューロに超適した土地でけっこう大会が開かれていたりします。
そんなこんなで、先週から走りこみ、筋トレなどをして体をつくっています。

んで、今日はリハーサルって感じで走ってきました。
crm.jpg

このバイクは満タン状態で100kmほど走るのですが、ボクの住んでいるあたりは一度山に入ると100km以上は町(舗装道路)を通らずに走ることができます。だからガス欠には十分注意しなければなりません。

ちなみに林道だけで100km以上連続して走ることができるというのは、本州の人間には想像を絶することらしく、オフロードが好きな人は感動して帰っていくそうです。

で、距離を計算して安全に自宅まで帰れるプランを立てて山に入ります。

そんな感じで爆走していました。

その途中、なぜかゲートの内側で車に乗った人がいました。

ゲートというのは、国有林管理のためまたは保護のために林道の要所に自動車が侵入できないようにしてある鉄柵のことです。
基本的に、鍵をもっていなければ進入できません。
でも、その人は内側にいたのです・・・。

どうやら話を聞いて見ると、朝ゲートが開いていたので進入して帰ろうと思ったら閉まっていたというバカ丸出しの状況になったようなのです。

ボクはメンドクセーなぁ・・そんなの自己責任じゃん。と思ったのですが、一緒に走っている父親(58歳)がゲートが開いていると思われるところまで案内してやると言いました。

ま、困っているしシカトするのもアレなのでショーガナイですね。

で、20kmほど予定外の距離を走ったのです・・・。

予想通り、途中で2人ともガス欠しました。


めでたしめでたし。



どうも、けっこう腕がプルプルしているジョびです。

そういえばCFの話。

どうやらCLX!は公式リーグに当選したようです。
前回に引き続き、AX-3さんの袖の下の効果には感謝しています。

というわけで、練習嫌いな人が多いのですがなんとか最近それっぽいことをしています。

とりあえず、今のところ超弱いです。
サントリアとか全然守れません。攻められません。

練習量が少なすぎるので、悪いところも良いところも見えない状態です。

あとクラン戦で50敗くらいすれば、少しは上手になるかもしれませんね。

がんばっていこー!

情報リテラシー

なんだか、最近マジメなこと書く人がいるのでボクも書くよ。

最近、AXさんのブログで頭悪いですね・・・さんという方が「短絡的な脳を持った人」へのブログの影響についてコメントしているのを見かけました。

「短絡的な脳を持つ小中学生」というのが実際に存在するのかどうかはわかりませんが、ブログなり公の場に情報を発信することで何かしらの影響はあることは間違いないと思います。

らく@さんが偏向報道について書いています。
これもその通りだと思います。

AX-3さんはCLX!のリーダーだし、かわいそうなのでフォローしておくと「表現の自由」という基本的な人権があるので、プライバシーの侵害や誹謗中傷などをしない限り、ほとんどの場合ブログで何を表現しようと自由です。

それについての影響に関して責任はありませんし、どのように解釈されようが関係ありません。
批判・反論はあるでしょうが、それは誠意を持った議論を展開することでお互いにプラスになるでしょう。それがブログのよいところだと思います。


それと対照的なのは、報道です。
報道は表現の自由という名の下に、取材した情報を報道しています。
しかし、報道にはとても大きな権力があるので規制もけっこうあります。
例えば客観報道の原則というのがあります。主観ではなく客観的に事実だけを報道しないさいということらしいです。
しかし、この定義はイマイチ曖昧な部分が多くて、ジャーナリズムを研究している偉い学者さんたちが色々と研究しているようです。
日本の報道は事実だけを報道しなさいという原則の中で、事実とは何なのか、客観報道とはなんなのかっていうのを自分の都合の良いように勝手に解釈して報道しているから、傾向した報道になっているのかも知れません。

それを規制するのは非常に難しく、今でも議論がどこかでされているでしょう。

ま、ボクらがジャーナリズムについての不満を報道機関にぶつけたところでどうにもならないので、どうしたら良いのかというと、報道などの情報を上手に受け止める能力を身に付けるべきだということだと思います。

情報リテラシーってやつです。

昔は発信される情報がそれほど多くなく、また情報を得て何かに役立てるというレベルの人は基本的に情報リテラシーをすでに持っていたので問題は無かったのですが、大学生や学者のように研究とかをしたことがない人は自分で多種多様で大量の情報の中から何かしらの答えを導き出すなんてとても難しいことだと思います。

だから訓練しなければなりません。
そうすることで、色々な議論がネットの中で生まれてとってもユニークな答えが見つかるかも知れません。


世の中には事実はひとつですが真実はたくさんあります。

AX-3さんのブログにあるムービーは正確には事実ではありません。
事実とは多くの視点(観測者)が同じ現象の記録を持ちよって、それらを比較し正確と思われるものを事実とするのが一般的です。認知バイアスとかネット環境ハード環境とか色々ありますからね。

そして、その事実から真実をどう受け止めるかは、人それぞれなのです。



というようなことを、色々ネットで調べたら書いてありました。



プロフィール

@ジョび

Author:@ジョび
どうも。ジョびです。
基本的にナイーブです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
pictlayer
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。